Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/jalbobo5/football-change.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/jalbobo5/football-change.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/jalbobo5/football-change.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
【浦和レッズ】アジア王者に輝くも、リーグ戦は屈辱の7位~2017シーズン 順位・結果~

【浦和レッズ】アジア王者に輝くも、リーグ戦は屈辱の7位~2017シーズン 順位・結果~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
J1 2017 7位 浦和レッズ

本日は、J1、2017年年間7位、浦和レッズについて、シーズンの結果を紐解いていきたいと思います。

■年間成績(総合・ホーム・アウェー)

・総合成績

勝点 試合数 勝数 引分数
49 34 14 7
負数 得点 失点 得失点差
13 64 54 10

・ホーム成績

勝点 試合数 勝数 引分数
26 17 7 5
負数 得点 失点 得失点差
5 39 29 10

・アウェイ成績

勝点 試合数 勝数 引分数
23 17 7 2
負数 得点 失点 得失点差
8 25 25 0

昨シーズンの年間勝点1位だった浦和レッズが今シーズンは苦しみました。

昨シーズン勝点74、失点はたったの28しかなかったチームとは思えない崩れっぷり。

特に失点が28⇒54とほぼ倍増しては、優勝争いどころかACL圏内にも入れないのは仕方ありません。

それでも今シーズン10年ぶりにACLを制し、無冠にはならなかった所は褒め称えるべきでしょう。

最後の方はリーグ戦よりもACLを中心にメンバー構成も行っておりましたが、結果としてACLで優勝できたのでそれは良かったのだと思います。

ただ、今シーズンリーグ7位で終えたため、来シーズンのACL出場権はありません。

前回大会王者が翌年の大会に出場できないというレギュレーションはどうなのかとも思いますが、こればっかりは言ってもしょうがないですね。

来シーズンは、J1リーグで最低でも3位以内に入って、ACLの出場権を獲得する所から始まります。

まずは、守備の改善から手を付けなければなりませんね。

■年間成績(詳細)

キックオフ 開催 勝敗 ホーム 試合結果 アウェイ
2/25(土) 1 アウェイ 横浜FM 3-2 浦和
3/4(土) 2 ホーム 浦和 3-1 C大阪
3/10(金) 3 ホーム 浦和 4-1 甲府
3/19(日) 4 アウェイ G大阪 1-1 浦和
4/1(土) 5 アウェイ 神戸 1-3 浦和
4/7(金) 6 ホーム 浦和 7-0 仙台
4/16(日) 7 アウェイ FC東京 0-1 浦和
4/22(土) 8 ホーム 浦和 3-2 札幌
4/30(日) 9 アウェイ 大宮 1-0 浦和
5/4(木) 10 ホーム 浦和 0-1 鹿島
5/14(日) 11 アウェイ 新潟 1-6 浦和
5/20(土) 12 ホーム 浦和 3-3 清水
6/4(日) 14 アウェイ 1-0 浦和
6/18(日) 15 ホーム 浦和 2-4 磐田
6/25(日) 16 アウェイ 鳥栖 2-1 浦和
7/1(土) 17 ホーム 浦和 4-3 広島
7/5(水) 13 アウェイ 川崎F 4-1 浦和
7/9(日) 18 ホーム 浦和 2-1 新潟
7/22(土) 22 アウェイ C大阪 4-2 浦和
7/29(土) 19 アウェイ 札幌 2-0 浦和
8/5(土) 20 ホーム 浦和 2-2 大宮
8/9(水) 21 アウェイ 甲府 0-1 浦和
8/19(土) 23 ホーム 浦和 2-1 FC東京
8/27(日) 24 アウェイ 清水 1-2 浦和
9/9(土) 25 ホーム 浦和 1-2
9/17(日) 26 アウェイ 磐田 1-1 浦和
9/23(土) 27 ホーム 浦和 2-2 鳥栖
10/1(日) 28 アウェイ 仙台 2-3 浦和
10/14(土) 29 ホーム 浦和 1-1 神戸
10/22(日) 30 ホーム 浦和 3-3 G大阪
10/29(日) 31 アウェイ 広島 0-1 浦和
11/5(日) 32 アウェイ 鹿島 1-0 浦和
11/29(水) 33 ホーム 浦和 0-1 川崎F
12/2(土) 34 ホーム 浦和 0-1 横浜FM

開幕直後はスタートダッシュに成功し、第8節までは、6勝1分1敗。

分岐点は、埼玉ダービーでした。ここで大宮に負けると、そこからの9試合は2勝1分6敗。

その後監督交代を経て一時立て直しますが、9月から10月にかけて引き分けが続きJ1で3位以内に入る事が現実的ではなくなってしまいました。

*【浦和レッズ】年間勝点1位の面影なく、守備陣崩壊で早くも優勝戦線離脱~2017シーズン前半戦 順位・結果~ はこちら

ACLが残っていたため、ACL制覇に標準を合わせ、こちらは優勝。

しかしその後完全に燃え尽き症候群となったのか、J1ラスト3試合はすべて完封負けで3連敗でシーズンを終えました。

繰り返しになりますが、攻撃陣は川崎F、C大阪に次いで多い64得点を挙げているため、兎にも角にも今シーズン崩壊してしまった守備の立て直しをしなければなりません。

堀監督がどのように立て直しを行うのか、注目ですね。

■年間全試合出場

全試合に出場したのは、GKの西川周作選手のみです。

また全試合フル出場しているのも、当然GKの西川周作選手のみです。

西川選手は全試合に出場しましたが、調子が良かったとは言い難く、現在日本代表からもお声がかからない状態になっています。

このままだと6月に行われるW杯への出場も逃してしまいそうです。

他に30試合以上に出場しているのは、MFの阿部選手とFWの興梠選手が33試合出場、DFの槙野選手が32試合に出場、FWの武藤選手が31試合に出場、DFの遠藤選手が30試合に出場となっています。

顔ぶれを見るとここ何年か、全然メンバーが変わっていない気がします。

そろそろ新しい血を入れてメンバーの入れ替えが必要な時期がきているのかと思います。

■年間チーム内得点ランキング

順位 ポジション 背番号 名前 得点
1 FW 30 興梠 慎三 20
2 FW 8 ラファエル シルバ 12
3 FW 9 武藤 雄樹 6
4 MF 10 柏木 陽介 5
5 DF 6 遠藤 航 3
5 MF 22 阿部 勇樹 3
5 FW 20 李 忠成 3

チーム内得点王は、FWの興梠選手で、33試合出場20得点となっています。

チームは7位でしたが、最後まで川崎Fの小林選手、C大阪の杉本選手と得点王を争っていました。

失点が多かったため、彼の貢献なくしてはそもそも7位にすらいられなかった気がします。

2位は今シーズン移籍してきた、ラファエル シルバ選手。

25試合の出場に終わりましたが、12得点を入れ存在感を発揮しました。

特にACL決勝では貴重なゴールを決め、チームを10年ぶりのアジア王者に導きました。

このゴールだけでも彼を補強した意味はあったかと思います。

3位以下は、武藤選手や柏木選手、遠藤選手、阿部選手、李選手と、浦和お馴染みの顔ぶれとなっています。

まとめ

以上、J1、2017シーズン年間7位の浦和レッズの順位・結果でした。

正直シーズン開幕前はここまで浦和が沈むとは思っていませんでした。

やはりチームが固定化されだすと、良い方向にはいきませんね。

次回は、2017シーズン年間8位の、サガン鳥栖を見てみたいと思います。

*【サガン鳥栖】6年連続J1残留も、アウェイ勝てず中位を彷徨う~2017シーズン 順位・結果~ はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする