Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/jalbobo5/football-change.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/jalbobo5/football-change.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/jalbobo5/football-change.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
【保存版】過去20回のW杯準優勝国まとめ その②

【保存版】過去20回のW杯準優勝国まとめ その②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドカップ

前回に引き続き、過去20回のW杯準優勝国を見ていきたいと思います。

前回は、ドイツ、アルゼンチン、オランダの3カ国を見ました。

*【保存版】過去20回のW杯優勝国まとめ その③ はこちら

本日は、残りの6カ国を見ていきたいと思います。

なお、これまでW杯は20回開催されており、次回のロシア大会で21回目の開催となります。

過去W杯準優勝国と準優勝回数

順位 国名 準優勝回数
1位 ドイツ(西ドイツ時代含む) 4回
2位 アルゼンチン 3回
2位 オランダ 3回
4位 ブラジル 2回
4位 イタリア 2回
4位 チェコスロバキア 2回
4位 ハンガリー 2回
8位 フランス 1回
8位 スウェーデン 1回

準優勝国は全部で9カ国です。

このうち、1位ドイツ、2位アルゼンチン、4位ブラジル、イタリア、8位フランスはW杯を制したことがあります。

そのため、W杯優勝国と準優勝国は合わせて12カ国しかありません。

それでは各国の詳細を見ていきましょう。

準優勝回数4位は4カ国で2回ずつ

準優勝回数4位はブラジル、イタリア、チェコスロバキア、ハンガリーの4カ国で2回ずつとなります。

まずは、ブラジル。

W杯優勝回数単独1位のブラジルですが、それでも決勝で2回敗れています。

1回目は、1950年の母国開催時、2回目は1998年のフランス大会です。

はじめての母国開催時はウルグアイに1-2で敗戦、かの有名なマラカナンの悲劇と呼ばれる試合となりました。

2回目は1998年のフランス大会決勝で、初優勝に燃える開催国フランスに、0-3で敗れました。

しかしこの2大会を除けば、決勝に進出した5大会すべてで優勝しています。

決勝だけで言えば、あのドイツさえも凌ぐ勝率71%。

ロシア大会は2014年ブラジル大会のリベンジもありますし、是非とも日韓大会以来のブラジルとドイツの決勝も見てみたいですね。

続いて、イタリア。

イタリアもW杯優勝4回と勝負強いですね。

決勝には6回出場しており、4回優勝勝率67%となっており、ブラジルに次いで決勝での勝率が高いです。

そんなイタリアが決勝で敗れたのは、1994年のアメリカ大会と、1970年のメキシコ大会。

なんと決勝の相手は、両大会共にブラジル。

イタリアは決勝でのブラジル戦はなんと2戦2敗で勝ったことがありません。

イタリアもロシアでもし優勝すれば、W杯優勝回数ではブラジルに並び同率1位となりますが、ブラジルを倒してのW杯制覇でないと、何かしっくりこないものもありますね。

是非ともブラジルを破っての優勝を期待したいです。

続いては、チェコスロバキア。

現在はチェコとスロバキア、それぞれに分かれて欧州予選を戦っていますが、1992年まではチェコとスロバキアは一つの国でした。

チェコスロバキアが決勝に進出したのは、戦前の1934年大会、及び1962年大会でした。

1934年のイタリア大会は、開催国のイタリアに敗れ、1962年のチリ大会はブラジルに敗れ、共に準優勝に終わっています。

チェコスロバキアにとって、対戦相手が、W杯優勝単独1位国と2位国ということもあり、少し厳しい決勝となりました。

冒頭にも申し上げた通り、現在チェコスロバキアはチェコとスロバキアに分かれており、それぞれで欧州予選を戦っています。

分裂後、チェコは2006年のみ、スロバキアも2010年しかW杯に出場出来ておらず、両チームともロシアへの切符は掴めませんでした。

ペトル・チェフや、ハムシクのプレーをW杯で見る事が出来ないのは少し寂しいですね。

最後はハンガリー。

1938年のフランス大会、1954年のスイス大会で準優勝となっています。

敗れた相手はイタリアとドイツ(当時西ドイツ)ということで、これまたチェコスロバキアと同じく厳しい相手でした。

過去2度のW杯準優勝という結果を残しているハンガリーですが、近年は低迷しており、実に1986年のメキシコ大会を最後に今回のロシア大会を含め、8大会連続でW杯出場を逃しています。

強豪ひしめく欧州予選、古豪とて簡単には勝ち上がれません。

準優勝回数8位はフランスとスウェーデンで1回

準優勝回数8位は、同率でフランスとスウェーデンの2カ国で1回です。

まずはフランス。

2006年のドイツ大会で準優勝に終わっています。

フランスは自国開催だった1998年とこの2006年の2回、決勝に進出しており、勝率は50%となります。

1998年は難敵ブラジルを破り初優勝しましたが、2006年も相手はイタリア。

2回連続でW杯複数回優勝国を撃破することはできませんでした。

最後にスウェーデン。

1958年大会で、準優勝しています。相手はブラジル。

ブラジルが6回目のW杯にして、初めて優勝した大会ですね。

スウェーデンは後にも先にもこの大会以外では決勝の舞台には立てていません。

ロシア大会予選は、プレーオフを勝ち上がらなければ出場出来ない状況となっており、さらにプレーオフの相手はまさかのイタリア。

スウェーデンとしては一番引きたくなかった相手だとは思います。

イブラヒモビッチなき今のスウェーデンにイタリアを倒せる力はあるのでしょうか。

以上、過去20回のW杯準優勝国まとめ②でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする